Create Self Rails

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create Self Rails

27歳、北海道に住む元IT企業SE。夢を叶えるために新卒で入社した会社をわずか1年で退職。自立していくために、色々と試行錯誤中。 夢は自分の作ったアプリ・ゲームで人の役に立つこと!主にアプリ・ゲーム・ブログといった創作活動や好きなことについての情報発信をしていきます。 好きなこと/ものは創作活動・プログラミング・ラブライブ!・北海道・オーバーオール。

【創作活動で大切なこと】自分の作品に期待しすぎるのはダメ

創作活動

f:id:projectkanata:20170320224615j:plain

 

どうも、カナタです。

 

 

あなたは何か作品を公開したときに、

 

 

  • 「これは反応がたくさん来るだろう!」と意気込んでいた作品なのに、「あれ?そんなに反応がないな」と思った。
  • 反対に、自分では反応がないだろうな、と思った作品に予想以上の反応があった。

 

 

こんな体験をしたことはないでしょうか。

 

僕はTwitterで、「これはいけるな!」と考えたツイートが反応無かったこともあれば、

自己満足気味にツイートしたものがリツイートやいいねを貰えたこともあります。

 

 

なぜ、このようなことが起こるのか?

 

 

それは、あなたが自分の作品に対する反応に期待しすぎているからなんです。

 

 

作品の反応に期待しすぎるとどうなるか

作品に時間や手間をかけると、その分だけ反応を期待する。

 

あなたは、こんな経験をしたことはあるでしょうか。

 

「これだけ時間と手間をかけたんだから、きっと反応がたくさんあるに違いない!」

期待し、見返りを求めるのが人間の性(さが)なんですね。

 

ですが作品を公開し、反応が悪いと

「あれ?思ったより反応がない

「これ、そんなにつまらない作品だったのかな

と思い、自信をなくしてしまいます。

 

期待しすぎたばっかりに、作品に対して自分で駄作の判を押してしまいます。

さらに、創作活動自体のモチベーションまで下がってしまいます。

 

期待しないとどうなるか

反対に期待をほとんどしなければ、反応があったときに

「お?思ったより反応があるぞ」

と思いますよね。

 

創作活動に対するモチベーションも上がります。

 

反応が無かったときでも、

「まー、こんなもんだよね」と思えば、モチベーションも大して下がりません。

 

あまり期待しないことは、精神的にも楽です。

 

ただ、全く期待しないというのはやめましょう。

 

全く期待しない、というのはつまり

自分の作品をどうでもいいと思っていることですよね。

「どうせ反応ないんだから」と開き直って

適当な作品を量産するのは良くないです。

 

ではどうすれば期待をうまくコントロールできるのでしょうか。

 

たった1人に見てもらえれば良い 

作品に対する期待の設定として最も有効なのは、

たった1人に見てもらえれば良いと思うことです。

 

100人中99人は無反応でも、

たった1人が反応してくれるような作品であればいい。

僕がブログを書くときも、このことを思って書いています。

 

これぐらいの期待で良いんですよ。

ブログに関しては、

最初のうちはなかなかアクセスも反応もあまりないですからね。

 

最初から人気の出る人なんていません。

誰もが初めは0からのスタートなんですよ。

  

まとめ

今回は創作活動において大切なこととして、

自分の作品に対して期待することはダメだということを話しました。

 

自分の作品が思ったより反応が得られずやる気をなくし、創作活動をやめてしまう。

それってもったいないですよね。

 

あまり反応に期待せず、地道に続けることが身を結びます。

僕もこのブログを地道に続けていきますので、よろしくお願いします^^

広告を非表示にする